あなたと一緒に、がんと向き合う

筋肉減少への対策

こんな症状

  • 筋肉が減る
  • 筋力が落ちる  など
発現時期
がんと診断された時から
筋肉減少への対策

がん患者さんでは、筋肉の減少や筋力の低下を起こしやすいとされています(詳しくは下記【コラム】筋肉の減少とは 参照)。
進行がんの約半数の患者さんで筋肉の減少が認められ1)~3)、それに伴って運動機能の低下やQOL(生活の質)の悪化がみられます。また、筋肉の減少は、倦怠感を生じる原因にもなります。さらに、筋肉の減少は日常の活動に支障を来したり、体力が消耗しやすくなるだけでなく、がん患者さんの治療の継続にも大きく影響します。
体重だけでなく筋肉に対しても留意し、筋肉の減少に対する早期の対策が大切です。

【コラム】筋肉の減少とは
  • 筋肉は体重の40~50%4)を占める人体最大の器官です。筋肉の収縮によって身体を動かすだけでなく、たんぱく質の代謝において中心的な役割を果たしています。
  • 筋肉やたんぱく質の減少は、身体機能の低下にとどまらず、免疫力の低下や様々な臓器への影響が生じ、生命が脅かされることもあります。

筋肉減少を防ぐための工夫

  • 体重減少に注意し、こまめに体重を測りましょう。
  • 食欲がない時や食べられない時は医療者に相談しましょう。
  • 筋肉を維持するには運動が有効です。ご自身に合った無理のない運動を習慣づけましょう。
筋肉減少を防ぐための工夫
参考
  • 田村和夫 他:がん患者の症状 まるわかりBOOK,照林社,2018年
  • 日本緩和医療学会編:専門家をめざす人のための緩和医療学,南江堂,2014年
  • 東口髙志:やさしいがん患者の代謝と栄養管理~病態の変化にそった実践法~,医薬ジャーナル社,2017年
  • 丸山道生:癌と臨床栄養2版,日本医事新報社,2016年
引用
  • 1)Academy of Nutrition and Dietetics. Evidence Analysis Library, 2013.
  • 2)Cushen SJ, et al. Top Clin Nutr 2015; 30(1): 103-119.
  • 3)de van der Schueren M, et al. Ann N Y Acad Sci 2014; 1321: 20-40.
  • 4)森 直治 他. 臨床栄養. 2016; 129(4): 534-540.
監修:
京都府立医科大学 呼吸器内科
教授 髙山浩一先生