あなたと一緒に、がんと向き合う

1多発性骨髄腫について

多発性骨髄腫の症状

多発性骨髄腫では、主に①骨髄が骨髄腫細胞でいっぱいになる、②骨の代謝(修復と破壊)バランスがくずれる、③Mタンパクが大量に作られる、ということが体内でおきています。これらによって、下記のようなさまざまな症状や臓器障害があらわれます。

① 骨髄が骨髄腫細胞でいっぱいになることでおきる症状
  • 貧血:めまい、だるさ、疲れやすさ、息切れ、動悸
  • 感染:風邪、肺炎、尿路感染症などにかかりやすい
  • 神経症状:手足のしびれや麻痺
  • 出血:鼻血、歯茎からの出血、血が止まりにくい
手がしびれいている患者さん
めまいがする患者さん
② 骨の代謝バランスがくずれることでおきる症状
  • 骨病変:骨がもろくなることによる骨折、骨の痛み(腰、背中など)、骨粗しょう症
  • 高カルシウム血症:多飲、多尿、口渇、便秘、吐き気、嘔吐、意識障害
腰痛の患者さん
③ Mタンパクが大量に作られることでおきる症状
  • 腎障害:Mタンパクの一部(軽鎖)が大量に尿中に排泄され尿細管に詰まることや、Mタンパクが変性してできるアミロイドの糸球体への沈着、高カルシウム血症などによる、腎機能の低下
  • 過粘稠度症候群かねんちゅうどしょうこうぐんMタンパクが増えて血液がドロドロになることによる頭痛、視覚障害
頭痛の患者さん
アミロイド:水に溶けない性質を持つ異常なタンパク質で、さまざまな臓器に沈着し機能低下を引きおこします
監修:
群馬大学大学院 保健学研究科 教授
村上 博和 先生

多発性骨髄腫の治療で小野薬品の薬を使用された方へ