あなたと一緒に、がんと向き合う

1多発性骨髄腫について

多発性骨髄腫の病期(ステージ)

多発性骨髄腫では、血液検査で調べたアルブミン値とβ2ベータツーミクログロブリン値によって病期(病気の進み具合)を判断し、治療方針を決める時の参考にします(下図)1)

病期は、国際病期分類(ISS)のステージⅠ、Ⅱ、Ⅲに分けられます。治療方針は、病期に加え、年齢や合併症の有無、患者さんの意向などを考慮して決定します。

多発性骨髄腫の病期
1) Greipp PR, et al. J Clin Oncol 23: 3412-3420 より作図
監修:
群馬大学大学院 保健学研究科 教授
村上 博和 先生

多発性骨髄腫の治療で小野薬品の薬を使用された方へ