あなたと一緒に、がんと向き合う

3PCNSLの治療

治療方法にはどのようなものがあり、どのように選択しますか?

病気の進行度によって治療法が異なります。個々の患者さんの状態(年齢や全身状態など)に合わせて治療方法が選択されます。治療方法としては、放射線治療と化学療法(薬物療法)があります。

PCNSLはまれな病気なので、治療の研究は発展途上にあります。現在はいくつかある選択肢の中から、個々の患者さんの状態に合わせて治療法を選んでいくことになります。進行がはやいため、できるだけ早く専門家がいる施設で治療を開始することが望ましいとされています。

PCNSLの場合は、発症してから初めての治療(初発時治療)として、がん細胞の増殖を抑えるために葉酸代謝拮抗薬を大量に点滴で投与するとともに他の抗がん剤を併用し、その後に脳などリンパ腫のある部分へ放射線治療をすることが一般的に行われています1)

基本的な治療の流れ

基本的な治療の流れ

それぞれの患者さんの状態によっては、行わない場合があります。

さまざまな治療の選択肢がありますので、主治医とよく相談しながら、自分の状態に合った治療法を選択しましょう。

  • 参考文献
  • 1)日本脳腫瘍学会(編):脳腫瘍診療ガイドライン2019年版, 金原出版
監修:
埼玉医科大学国際医療センター
脳脊髄腫瘍科 教授
三島 一彦 先生