あなたと一緒に、がんと向き合う

1悪性中皮腫について

悪性中皮腫とはどのような病気ですか?

胸膜きょうまく腹膜ふくまく心膜しんまく精巣鞘膜せいそうしょうまくなど内臓を覆っている膜の中皮細胞から発生する悪性腫瘍(がん)の総称で、「希少がん」に分類されています。

悪性中皮腫は、発生する部位によって4つの種類があります。

  • 胸膜から発生 ⇒「悪性胸膜中皮腫」
  • 腹膜から発生 ⇒「悪性腹膜中皮腫」
  • 心膜から発生 ⇒「悪性心膜中皮腫」
  • 精巣鞘膜から発生 ⇒「悪性精巣鞘膜中皮腫」(男性のみ)

国内で新たに悪性中皮腫と診断された患者さんの数(罹患数)は年間約2,300人と、他のがんに比べると大変少ないことから希少きしょうがん」に分類されています(希少がんについてはこちらをご参照ください)。
これら4つの悪性中皮腫のうち、最も多くみられるのが悪性胸膜中皮腫で、全体の85〜90%を占めています。腹膜から生じる悪性中皮腫は10〜15%と少なく、心膜や精巣鞘膜から生じる悪性中皮腫は、それぞれ1%以下と大変まれです。

悪性中皮腫における発症部位別の割合

悪性中皮腫における発症部位別の割合
WHO GLOBOCAN 2020: Japan. World Health Organization:
https://gco.iarc.fr/today/data/factsheets/populations/392-japan-fact-sheets.pdf
国立がん研究センター 希少がんセンター「悪性腹膜中皮腫/悪性心膜中皮腫/悪性精巣鞘膜中皮腫」
日本臨床腫瘍学会編:新臨床腫瘍学改訂第6版, p391, 南江堂, 2021
Gemba K, et al. Cancer Science, 103(3), 483-490, 2012
監修:
兵庫医科大学医学部 呼吸器・血液内科学 主任教授
兵庫医科大学病院 呼吸器内科 診療部長 がんセンター長
木島 貴志 先生

(2023年11月作成)