あなたと一緒に、がんと向き合う

1悪性中皮腫について

悪性中皮腫ではどのような症状がみられますか?

初期では症状はありません。病気が進行すると、発症部位に関連した症状が現れやすくなります。

悪性腹膜ふくまく中皮腫

腹水が溜まってお腹が張った感じがしたり、腹痛や腰痛など、お腹の症状がみられることがあります。

主な症状
  • お腹が張った感じ(腹部膨満感)、腹痛、腰痛、食欲低下、排便の異常、腹部のしこり など
腹痛の症状

悪性心膜しんまく中皮腫

心臓の周囲の袋に体液が溜まり心臓の動きが抑えられる状態(心タンポナーデ)になることで、階段の上り下りなどの軽い運動でも、息切れがしたり動悸がするなどの症状がみられるようになります。

主な症状
  • 息切れ、動悸 など
息切れの症状

悪性精巣せいそう鞘膜しょうまく中皮腫

精巣(睾丸)を包む膜にできたがんが大きくなることで、精巣の腫れや圧痛などの異常を感じることがあります。

主な症状
  • 精巣(睾丸)が腫れる、押すと痛む(圧痛) など
精巣(睾丸)が腫れる症状
国立がん研究センター がん情報サービス「悪性腹膜中皮腫」
国立がん研究センター 希少がんセンター「悪性腹膜中皮腫/悪性心膜中皮腫/悪性精巣鞘膜中皮腫」
監修:
兵庫医科大学医学部 呼吸器・血液内科学 主任教授
兵庫医科大学病院 呼吸器内科 診療部長 がんセンター長
木島 貴志 先生

(2023年11月作成)