あなたと一緒に、がんと向き合う

6セルフチェック

上皮系皮膚がんのセルフチェック

いずれの皮膚がんにおいても、早期発見、早期治療が大切です。
普段から、患者さんご自身、ご家族、または身近な方が、皮膚や手、爪などを観察することが早期発見につながります。まずは、いつもと違うものが出てきた、色が黒い、赤い、触ってみると硬い、痛いなど変化がないかチェックしてみましょう。また、日常生活において過度な日焼けを避けることも皮膚がんを予防する方法のひとつです。

  • ご自身のリンパ節(わきの下や太ももの付け根)にしこりがないか、触ってチェックしましょう。 鏡に体を映して観察してみましょう。体の側面も忘れずに。
    照明の明るい部屋で、大きな鏡を使って体の正面、側面、背面をよく観察します。
  • 背中、おしりも鏡を使って観察しましょう。
    腰掛けた状態で足全体を観察します。
    次いで、足のうらから足の指の間にかけても丹念にチェックしましょう。
  • ご自身のリンパ節(わきの下や太ももの付け根)にしこりがないか、触ってチェックしましょう。 鏡に体を映して観察してみましょう。体の側面も忘れずに。
    頭皮は手鏡を用いて、髪をかき分けて観察します。おしりや陰部なども手鏡を用いて観察します。

皮膚に何か気になる変化があれは、皮膚科に相談しましょう。

日本皮膚科学会 新潟地方会、日本臨床皮膚科医会 新潟県支部 編 「皮膚がん啓発リーフレット」
日本皮膚科学会 「皮膚科Q&A メラノーマ以外の皮膚悪性腫瘍」
監修:
新潟県立がんセンター新潟病院 副院長
竹之内 辰也 先生

(2024年2月作成)