あなたと一緒に、がんと向き合う

4上皮系皮膚がんの治療

緩和療法とは、どのような治療ですか?

がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする治療です。

がんの療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、だるさなどといった体の不調が日常生活を妨げることがあります。がん医療における緩和療法とは、がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする治療です。
例えば上皮系皮膚がんでは患者さんの状態や症状によって、症状緩和を目的とした放射線療法が検討されることがあります。
緩和療法は患者さんがどのような病状であっても、どのような時期でも受けることができますので、緩和療法について話を聞きたいときには、担当医や看護師に相談してみましょう。

医師・看護師の話を聞く患者さん
監修:
新潟県立がんセンター新潟病院 副院長
竹之内 辰也 先生

(2024年2月作成)