あなたと一緒に、がんと向き合う

1悪性胸膜中皮腫について

悪性胸膜中皮腫とはどんな病気ですか?

胸膜の中皮細胞から発生する悪性の腫瘍(がん)です。
ほとんどが、アスベスト(石綿いしわた)の曝露ばくろによって生じます。

肺は、「胸膜」と呼ばれる薄い膜に包まれています。この胸膜の表面にある中皮細胞が〝がん化〟して生じるのが「悪性胸膜中皮腫」です。
悪性胸膜中皮腫は、そのほとんどが、アスベストの粉塵ふんじんを吸い込んだこと(曝露)によって起こります(悪性胸膜中皮腫はどのような人に多いですか?をご参照ください。)。
主な症状としては、胸の痛みや咳のほか、胸水きょうすいが大量に溜まることで起こる呼吸困難や圧迫感などがあげられます。ただし、初期のうちは無症状で早期発見が難しい病気です。健診による胸部X線画像で、異常な画像所見が見つかったことで偶然発見されることもあります。

悪性胸膜中皮腫の主な症状

悪性胸膜中皮腫の主な症状
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肺がん 改訂5版, p42, 医薬ジャーナル社, 2017
胸膜中皮腫診療ハンドブック, p36-37, 中外医学社, 2007
監修:
独立行政法人 国立病院機構 山口宇部医療センター
内科系診療部長 青江 啓介 先生

悪性胸膜中皮腫の治療で小野薬品の薬を使用された方へ