あなたと一緒に、がんと向き合う

3悪性胸膜中皮腫の病期

病期(ステージ)とはなんですか?
どのように決められますか?

病期とは、病気の進行の程度を示したもので、治療方針を立てるうえで重要な判断材料となります。

悪性胸膜中皮腫の病期は、がんの広がりや、隣接する臓器やリンパ節への転移の状況によって、大きくⅠ期からⅣ期の4段階に分けられます。
Ⅰ期は、片側の胸膜に限局した状態です。Ⅱ期は、がんが隣接する肺や横隔膜に広がっている状態、Ⅲ期は、胸壁や心膜やリンパ節などに浸潤している状態、Ⅳ期は、胸壁や縦隔、横隔膜下などに広がっている状態です。肺がんと異なり、離れた臓器への転移はあまりみられません。

悪性胸膜中皮腫の病期(ステージ)分類

  • Ⅰ期

    がんが胸膜のみに限局している

    ⅠA期壁側胸膜のみ
    悪性胸膜中皮腫の病期 Ⅰ-A期の図
    ⅠB期壁側胸膜と臓側胸膜
    悪性胸膜中皮腫の病期 Ⅰ-B期の図
  • Ⅱ期

    肺や横隔膜に進展している

    悪性胸膜中皮腫の病期 Ⅱ期の図
  • Ⅲ期

    胸壁や心膜に進展している

    悪性胸膜中皮腫の病期 Ⅲ期の図
  • Ⅳ期

    胸壁に広範囲に進展している/遠隔臓器に転移している

    悪性胸膜中皮腫の病期 Ⅳ期の図
日本肺癌学会編:EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2016年版, p223, 金原出版, 2016、
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肺がん 改訂5版, p41, 医薬ジャーナル社, 2017より作成
監修:
独立行政法人 国立病院機構 山口宇部医療センター
内科系診療部長 青江 啓介 先生

悪性胸膜中皮腫の治療で小野薬品の薬を使用された方へ