あなたと一緒に、がんと向き合う

1悪性胸膜中皮腫について

治療ガイド 胸膜の位置と構造

胸膜は、薄く弾力に富んだ袋状の組織で、肺を覆っています。

膜と膜の間(胸膜腔きょうまくくう)には、ごく少量の液体(胸水)があり、呼吸する際の潤滑油の役割を果たしています。胸膜に炎症などが起こった場合は、胸膜腔に大量の胸水が溜まります。

胸膜の位置と構造

「悪性胸膜中皮腫」のほかに、腹膜、心膜、精巣鞘膜しょうまくから発生する中皮腫もあります。割合は胸膜から発生する「悪性胸膜中皮腫」が最も多く、約85%を占めています。

病気が見えるvol.4 呼吸器 第2版, p284-285, メディックメディア, 2013
Gemba K, et al, Cancer Sci, 103(3), p483−490, 2012
監修:
独立行政法人 国立病院機構 山口宇部医療センター
内科系診療部長 青江 啓介 先生

悪性胸膜中皮腫の治療で小野薬品の薬を使用された方へ