あなたと一緒に、がんと向き合う

2ホジキンリンパ腫の種類

ホジキンリンパ腫には、どんな種類がありますか?

「古典的ホジキンリンパ腫」と「結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫」という2つの種類(病型)があります。

このうち、大半を占めているのが古典的ホジキンリンパ腫です。
古典的ホジキンリンパ腫は、さらに下の表に示した4つの病型に分けられます。それぞれ発症しやすい年齢や頻度、治りやすさの程度などは異なりますが、治療の方法や進め方などは変わりません。
一方、「結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫」は、男性に多いことや、古典的ホジキンリンパ腫と比べてゆっくり進行する傾向があり、病気があまり進行していないⅠ~Ⅱ期の限局期で見つかることが多い、といった特徴があります。

病型
古典的ホジキンリンパ腫 結節硬化型
混合細胞型
リンパ球豊富型
リンパ球減少型
結節性リンパ球優位型ホジキンリンパ腫
考える女性患者さんのイラスト
日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年版, より作成
監修:
国立がん研究センター中央病院
血液腫瘍科 科長
伊豆津 宏二 先生

ホジキンリンパ腫の治療で小野薬品の薬を使用された方へ