あなたと一緒に、がんと向き合う

3.悪性黒色腫の特徴

悪性黒色腫の早期発見のためには、下の表に示す5つの特徴(ABCDE基準)が役立つといわれています。病変の大きさ、形、色に変化がないか、潰瘍かいようや出血がないか、感覚に変化がないか、大きさ(最も長いところ)が6mmを超えていないかという点に注意が必要です。

早期発見のためのABCDE基準

悪性黒色腫の特徴である非対称性の病変の写真 画像拡大

Asymmetry
(非対称性の病変)

形が左右非対称である
悪性黒色腫の特徴である不規則な外形の写真 画像拡大

Border irregularity
(不規則な外形)

端がギザギザしており、境界に鮮明な部分と不鮮明な部分がある
悪性黒色腫の特徴である多彩な色調の写真 画像拡大

Color variegation
(多彩な色調)

黒褐色が多いが、色調にむらがあり、 青、赤、白などの色調が混ざることもある
悪性黒色腫の特徴である大型の病変の写真 画像拡大

Diameter enlargement
(大型の病変)

長径が6mmを超えるものは特に注意が必要

Evolving lesions
(経過の変化)

大きさ、形、色、表面の状態、症状の変化がある
Abbasi NR et al: JAMA 292(22): 2771-2776, 2004より作成 写真:爲政 大幾 先生 提供
国立がん研究センターがん対策情報センター がん情報サービス「悪性黒色腫」
監修:
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科 主任部長
爲政 大幾 先生

悪性黒色腫(メラノーマ)の治療で小野薬品の薬を使用された方へ