あなたと一緒に、がんと向き合う

9.悪性黒色腫の治療方針

悪性黒色腫では、病期にもとづいて治療方針が立てられます。
他の臓器に転移がないⅠ〜Ⅲ期までの患者さんでは、手術が中心となります。また、手術後に転移や再発を防ぐために術後補助療法として分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬、インターフェロンなどによる薬物療法が行われる場合があります。
他の臓器に転移があるⅣ期の方や手術ができない患者さんについては、薬物療法が中心となります。ただし、Ⅳ期であっても、がんの転移巣を手術で取り除くことができる場合は、手術と薬物療法(術後補助療法)を組み合わせた治療が選択されることもあります。

薬物療法では「免疫チェックポイント阻害薬」の登場や新たに「分子標的薬」の種類が増えたことで、治療の選択肢がさらに広がりました。
薬物療法を始める際には、まずBRAF遺伝子検査を行い、お薬を組み合わせて治療を行うことが多くなります。
BRAF遺伝子変異がない場合は、免疫チェックポイント阻害薬による治療が主に選択されます。

がんの厚さと転移

悪性黒色腫の進行状況は、がんの横への広がりではなく厚さで確認されます。一般に、皮膚に大きく広がったがんでも、腫瘍組織が皮膚の表面内に薄く留まっている場合は、転移のリスクが低くなります。一方、広がりが小さい場合でもがんが厚い場合は、転移を起こしている可能性が高くなります。

病期ごとの主な治療法

悪性黒色腫(メラノーマ)の病気ごとの主な治療法チャート図。1から2期では手術(+術後補助療法)。3期では、手術+リンパ節郭清(+術後補助療法)。4期では、薬物療法(がん免疫療法・分子標的療法・化学療法)、脳転移がある場合は放射線療法。
※同じ病期でも、病気の進行具合や全身状態によって、治療が異なる場合がありますので、詳しくは主治医に確認してください。
監修:
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科 主任部長
爲政 大幾 先生

悪性黒色腫(メラノーマ)の治療で小野薬品の薬を使用された方へ