あなたと一緒に、がんと向き合う

11.治療法別の主な副作用

免疫チェックポイント阻害薬

主な副作用

発疹ほっしん、下痢、発熱、疲労、皮膚のかゆみなどが現れることがあります。
免疫力の増強により、他の薬剤ではみられない免疫反応を介した症状が現れることがあります。

特に重大な副作用

間質性肺疾患の発症が報告されています。
間質性肺疾患の特徴的な症状は、息切れ、息苦しい、発熱、痰たんのない乾いた咳、疲労などです。

副作用

免疫チェックポイント阻害薬の副作用は、治療が終わってから数週間後~数ヵ月後に現れることがありますので、治療が終わった後も気になる症状があれば、医師に相談しましょう。

分子標的薬

主な副作用

発疹、関節痛、光線過敏症(日光による皮膚反応)、発熱、脱毛症、悪心、悪寒、下痢、疲労などが現れることがあります。

特に重大な副作用

新たな皮膚がん、眼球の奥にある網膜の異常、心機能の低下、肝臓の異常なども報告されています。
ただし、発現する副作用や頻度は、単剤の場合と2剤併用の場合では異なります。

副作用

抗がん剤

主な副作用

嘔吐、血管痛(点滴を投与した血管が痛くなったり、硬くなったりする)、肝機能障害、食欲の低下などです。

インターフェロン

主な副作用

疲労、発熱、頭痛、食欲の低下、筋肉痛、吐き気、悪寒、注射部位反応、うつ病、関節痛などを生じることがあります。

放射線療法

主な副作用

放射線を当てた部位の赤み、乾燥、かゆみ、びらん、だるさ、食欲の低下、吐き気などを感じることがあります。
頭部に照射した場合は、脳の浮腫(むくみ)による頭痛や吐き気、嘔吐などの症状や脱毛などが現れることがあります。

治療法ごとに発現する副作用は異なりますので、服用する薬剤の副作用の詳細については医師や薬剤師、看護師に確認しましょう。

監修:
地方独立行政法人 大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科 主任部長
爲政 大幾 先生

悪性黒色腫(メラノーマ)の治療で小野薬品の薬を使用された方へ