あなたと一緒に、がんと向き合う

4大腸がんの治療方針

治療方針は、何をもとに決められますか?

治療効果と治療後の生活への影響を十分考慮したうえで、個々の患者さんに適した治療法が検討されます。

大腸がんの治療法は、がんの病期のほか、がんが発生した部位や再発リスクの程度、患者さんの全身状態や生活への影響など様々な状況を考慮し、患者さんにとって最もふさわしいと考えられる治療法が選択されます。

大腸がんの治療方針の要素
国立がん研究センター がん情報サービス「大腸がん」
国立がん中央病院がん攻略シリーズ 最先端治療 大腸がん, p42-46, 法研, 2018

大腸がんの治療で小野薬品の薬を使用された方へ