あなたと一緒に、がんと向き合う

2大腸がんの病期

病期(ステージ)とはなんですか?
どのように決められますか?

病期とは、病気の進行の程度を数値で示したもので、治療方針を立てるうえで重要な判断材料となります。

大腸がんの病期は、がんが大腸の壁のどこまで深く達しているかを示す深達度しんたつど(T)、リンパ節への転位の状態(N)、他の臓器への転移の有無(M)、の3項目をもとに、大きく0〜Ⅳの5段階に分けられます(TNM分類)。
治療を始める前に判定されるこの病期を「臨床病期」といい、数字が大きくなるほど、がんが進行している状態を表します。

早期がんと進行がん

大腸がんは、がん深達度によって「早期がん」と「進行がん」に分けられます。がんの深さが粘膜下層ねんまくかそうまでにとどまるものを「早期大腸がん」、粘膜下層より深くに達するものを「進行大腸がん」といいます。進行がんになると、早期がんよりもリンパ節や他の臓器に転移する可能性が高くなります。

早期がんと進行がん
もっと知ってほしい大腸がんのこと, p6, NPO法人キャンサーネットジャパン, 2019
国立がん研究センター がん情報サービス「大腸がん」

大腸がんの臨床病期(ステージ)分類

大腸がんの臨床病期(ステージ)分類
もっと知ってほしい大腸がんのこと, p7, NPO法人キャンサーネットジャパン, 2019より作図

大腸がんの治療で小野薬品の薬を使用された方へ