あなたと一緒に、がんと向き合う

1食道がんについて

食道がんにはどんな種類がありますか?

食道がんは、食道の粘膜から発生する扁平上皮へんぺいじょうひがんがほとんどです。発生した部位により3つに分けられます。

食道がんは、主に扁平上皮がんとせんがんのふたつのタイプがあります。日本では、約90%が扁平上皮がんで、食道の粘膜を構成する扁平上皮から発生します。一方腺がんは、胃の内容物が逆流し、胃酸が食道を傷つける逆流性食道炎が背景にあることが多く、主に食道の下部に発生します。また、どこにがんが発生したかにより、頸部けいぶ食道がん、胸部食道がん、腹部食道がんの3つに分けられます。

食道がんの種類

食道がんの種類

発生部位別の種類

発生部位別の種類

頸部食道がん

  • 食道の入り口から約3センチの範囲
  • 咽頭いんとう喉頭こうとうなどにがんが広がりやすい

胸部食道がん

  • 頸部食道の下から横隔膜までの約20センチの範囲。上部、中部、下部に分けられる
  • 胸部中部食道がんが、食道がん全体の約50%を占める

腹部食道がん

  • 横隔膜から胃の入り口までの約2センチの範囲
  • 近年、増加傾向がみられる
国立がん研究センター がん情報サービス 「食道がん」
日本食道学会 編:食道癌取扱い規約 第11版, p6, 金原出版, 2015
細川正夫 監:食道がんのすべてがわかる本, p12, 講談社, 2015
監修:
大阪大学医学部医学系研究科 外科学講座消化器外科学 教授
土岐 祐一郎 先生

食道がんの治療で小野薬品の薬を使用された方へ