あなたと一緒に、がんと向き合う

小野薬品の薬をご使用の方向け情報

7.ベレキシブル治療日誌

この日誌には、毎日の服薬状況と体調(主に副作用)を記録することができます。そのほかに、気になることや不安なこと、困ったことを記入するためのメモ欄もあります。

毎日記録していくことで、ベレキシブルの飲み忘れの防止、副作用の早期発見に役立ちます。また、気になることや不安なこと、困ったことなどをメモをしておくことで、診察のときに主治医や看護師、薬剤師に相談がしやすくなります。

毎日の治療のなかで、無理のない範囲で記録を続けて、よりよい治療のために日誌を活用していきましょう。

PDFを印刷して、ご活用ください。
記入例を参考に記録し、受診時に持参しましょう。

治療日記
PCNSL治療日誌 監修:
国立がん研究センター中央病院 脳脊髄腫瘍科
科長 成田 善孝 先生
WM/LPL治療日誌 監修:
近畿大学医学部 血液・膠原病内科
講師 賴 晋也 先生