あなたと一緒に、がんと向き合う

2胃がんの病期

病期(ステージ)とはなんですか?
どのように決められますか?

病期とは、病気の進行の程度を数値で示したもので、治療方針を立てるうえで重要な判断材料となります。

がんの病期は、がんの広がり(T)、リンパ節への転移の状態(N)、他の臓器への転移(M)の3項目をもとに、大きくⅠ~Ⅳ期に分類されます(TNM分類)。Tは、胃がんの外側方向への浸潤しんじゅん深達度しんたつど)、Nは、胃周囲のリンパ節への転移の程度によって判定されます。 Mは、他の臓器や胃周囲のリンパ節以外のリンパ節への転移の有無で判定されます。
治療を始める前に判定されるこの病期を「臨床病期」といい、がんの進行度や治療の方針を決めるうえで、重要な検討材料になります

早期胃がんと進行胃がん

臨床病期とは別に、胃がんはその深達度から「早期胃がん」と「進行胃がん」に分けられます。「早期胃がん」とは、がんが粘膜下層までの浸潤に留まるもので、「進行胃がん」とは固有筋層よりも深く浸潤しているものをいいます。これらはがんの進み具合を具体的に示すものではありませんが、「早期胃がん」では転移していることが少なく、「進行胃がん」ではより深くまで浸潤するほど、リンパ節や他の臓器への転移が多くなることが知られています。

※病期には、臨床病期のほかに、手術で切除した腫瘍などの組織を病理診断して判定する「病理学的分類」による病期もあります。手術後の方針は、手術後に確定した病理学的病期をもとに決められます。 もっと知ってほしい胃がんのこと, p6, NPO法人キャンサーネットジャパン, 2014
胃癌治療ガイドライン 2018年1月改訂第5版

胃がんの臨床病期(ステージ)分類

TNM分類第8版より作成

N0 N1 N2 N3
リンパ節転移
がない
1-2個 3-6個 7個以上
T1a がんが粘膜固有層
または粘膜筋板まで達している
ⅡA ⅡA ⅡA
T1b 粘膜下層まで達している
T2 がんが固有筋層まで達している ⅡA ⅡA ⅡA
T3 がんが漿膜下層まで達している ⅡB
T4a がんが漿膜を越えて胃の表面に出ている ⅡB
T4b がんが隣接する組織や臓器に達している ⅣA ⅣA ⅣA ⅣA
M1 肝、肺、腹膜など遠くに転移している ⅣB ⅣB ⅣB ⅣB

胃がんの深達度(T分類)

胃がんの深達度
病気がみえる vol.1 消化器 第5版, p119, メディックメディア, 2016
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 胃がん 改訂版, p25, 医薬ジャーナル社, 2012
TNM Classification of MALIGNANT TUMOURS Eighth Edition, WILEY Blackwell, p65, 2017
監修:
静岡県立静岡がんセンター 胃外科 部長
寺島 雅典 先生

胃がんの治療で小野薬品の薬を使用された方へ