あなたと一緒に、がんと向き合う

7放射線療法について

放射線療法を受けるにあたり、日常生活で注意することはありますか?

放射線を当てた部位の皮膚や粘膜が傷つきやすくなります。照射した皮膚や粘膜のケアをご紹介します。

照射部位の皮膚炎に対するケア
  • 摩擦まさつなどの刺激を避けることが大切です。
    照射した部位をゴシゴシこすらないようにしましょう。
  • 熱すぎるお風呂やサウナは避け、ぬるめのお風呂にしましょう。
    (皮膚をこすって治療範囲のマークが消えてしまわないように注意しましょう。)
  • かゆみやひりひりした感じがある場合は、冷たいタオルなどで冷やすと症状が軽快することがあります。
摩擦などの刺激を避ける患者さんのイラスト
ぬるめのお風呂に入る患者さんのイラスト
放射線療法中に気をつけること
  • かゆみ止めなど塗り薬の使用は、医師や医療スタッフに確認しましょう。
  • 治療中に疲労感を経験することがあるため、十分な休養を取るようにすることが大切です。
  • 38℃以上の発熱があったら医師に連絡しましょう。
  • その他、気になる症状がある場合は、放射線療法のスタッフにご相談ください。
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肺がん 改訂5版, p47-75, 医薬ジャーナル社, 2017
健康ライブラリーイラスト版 肺がん, p28-35, 講談社, 2013
監修:
近畿大学医学部 内科学 腫瘍内科部門 主任教授
中川 和彦 先生

非小細胞肺がんの治療で小野薬品の薬を使用された方へ