あなたと一緒に、がんと向き合う

小野薬品の薬をご使用の方向け情報

1.がんと免疫の関係

がんと免疫の関係について簡単に紹介します。

私たちの周りには、細菌やウイルスなどの病原体が無数にあり、体の中に侵入してきます。こうした病原体やがんなどから体を守っているのが「免疫」です。
免疫は、常に体の中を監視していて、自分ではないもの(異物)を見つけると、攻撃して体から取り除いています。また免疫は、がん細胞も異物とみなして攻撃します。
私たちの体の中には、毎日、多数の異常な細胞が発生していますが、通常は免疫の力によって取り除かれているのです。

がん攻撃の中心として働くT細胞

  • T細胞とは、血液中に流れている白血球のうち、リンパ球と呼ばれる細胞の一種で、異物(がん細胞など)から体を守る司令塔となる細胞です。
  • T細胞は、がんの情報を伝える抗原提示細胞から、がん細胞の断片(抗原)を受け取ると活性化し、それを目印にがん細胞を攻撃します。
がん攻撃の中心として働くT細胞
監修:
地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科
主任部長 爲政 大幾 先生