あなたと一緒に、がんと向き合う

小野薬品の薬をご使用の方向け情報

2.がん細胞と免疫チェックポイント機構

がん細胞は、T細胞の働きにブレーキをかけて、その攻撃から逃れています。

がん細胞を攻撃するT細胞の表面には、情報を伝えるアンテナが出ています。このアンテナに、がん細胞や抗原提示細胞が結びつくと、「攻撃を止めろ!」という抑制信号がT細胞に伝えられ、免疫の働きにブレーキがかかります。こうした仕組みを「免疫チェックポイント機構」といいます。
最近の研究から、がん細胞は、こうした仕組みを利用して、T細胞の攻撃から逃れていることがわかってきました。

T細胞の情報を伝えるアンテナにがん細胞や抗原提示細胞が結びつくことで抑制信号がT細胞に伝えられ、免疫の働きにブレーキがかかる「免疫チェックポイント機構」の仕組みです。
監修:
地方独立行政法人 大阪府立病院機構
大阪国際がんセンター 腫瘍皮膚科
主任部長 爲政 大幾 先生