あなたと一緒に、がんと向き合う

小野薬品の薬をご使用の方向け情報

9.オプジーボ治療Q&A

日常生活で気をつけることはありますか?

オプジーボによる副作用の症状に注意してください

オプジーボによる治療後に以下のような症状が起こることがあります。
症状がみられたら、医療スタッフにご相談ください。

いつもより疲れやすい(倦怠感)、体重の増減、行動の変化がある(性欲が減る、いらいらする、物忘れしやすいなど)、体がだるい
甲状腺、下垂体、副腎など内分泌機能異常の確認が必要です。
嘔吐、体の痛み、精神状態の変化
脳炎の疑いがあります。
めまい、動悸、脈拍の異常、意識の低下
心臓障害の疑いがあります。
白斑、白髪
肌や髪に脱色がみられることがあります。
皮膚や白目が黄色くなる
肝障害の疑いがあります。
下肢の腫れ、むくみ、痛み、胸痛
静脈血栓塞栓症の疑いがあります。
尿量が減る、血尿が出る、むくみが強い
腎障害の疑いがあります。
痰のない乾いた咳が出る、息苦しい、歩行時などに息が切れる
間質性肺疾患の可能性があります。症状がみられたら、風邪と思いこまず、ご相談ください。
口渇、多飲、多尿
1型糖尿病の疑いがあります。
血便・黒い便が出る、腹痛を伴う下痢
大腸炎の可能性があります。
運動のまひ、感覚のまひ、手足のしびれ、手足の痛み
神経障害の疑いがあります。
皮膚がかゆい、発疹が出る、水ぶくれが出る、ひどい口内炎
皮膚障害(重症を含む)の可能性があります。
息苦しい、足・腕に力が入らない、ものが二重に見える、筋肉痛
重症筋無力症、筋炎、筋肉の融解を起こすことがあります。
皮膚にあざができやすい、口や鼻から血が出やすい
血小板減少症の可能性があります。
考える男性の患者さんのイラスト
肺、肝臓、腎臓、皮膚などに対する過剰免疫反応により発熱することがあります。

医療費が高そうで不安なのですが

高額療養費制度や介護保険が利用可能か相談してください

高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った額1)が暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額が支給される制度です。患者さんが負担する費用の上限額(自己負担限度額)は、年齢や所得に応じて定められています。いくつかの条件を満たすことにより、負担がさらに軽減されるしくみも設けられています。詳しくは、冊子「高額療養費制度について」をご覧ください。
また、①65歳以上の方、②40〜64歳の方でも主治医が認めた場合は病状次第で介護保険がご利用できます2)
医療費についてわからないことがあったら、病院の相談窓口にご相談ください。

なお、全国にあるがん診療連携拠点病院には、がん相談支援センターがあります。他の病院を受診している方でも利用できるので、気軽にお問い合わせください。

  1. 1)入院時の食事負担や差額ベッド代等、一部含まれないものもあります。
  2. 2)2018年8月現在

冊子「高額療養費制度について」

オプジーボを処方された患者さんの医療費(自己負担限度額)について解説しました。

治療費の相談をする患者さんのイラスト
監修:
近畿大学医学部 内科学 腫瘍内科部門
主任教授 中川 和彦 先生